HOME女性の抜け毛の原因

女性に多い抜け毛の原因

シャンプー

 ダイエット・ストレス等によるホルモンバランスの崩れ
 出産後(分娩後脱毛症)
 冷え性による血行不良
 ドライヤー、パーマ、カラーリングによる頭皮のダメージ
 経口避妊薬(ピル)の使用
 ポニーテールなどによる特定部位の牽引
 加齢・エイジング

ここに挙げたのは、女性特有の抜け毛の原因です。抜け毛の種類についてはコチラをご参照下さい。

男女共通の原因としては、食生活の乱れ、生活リズムの乱れ、喫煙、紫外線や乾燥、頭皮の皮脂などがあります。

抜け毛予防で重要なことは、まずご自身の抜け毛の原因をしっかりと把握すること。

原因に応じた対策を行うことが、より効果的な発毛・育毛を促します。



女性ホルモンについて

男性ホルモンよりも遥かに多い役割と機能を持っている
分泌量は大脳により調整され、デリケートに変化する

一般のホルモンがほぼ一定の量で分泌されるのに対して、女性ホルモンの分泌量は大脳によってデリケートに調整されます。

大脳は無理なダイエットやストレスなどに影響を受けやすく、発生したホルモン異常は体内の様々な部位に大きな影響を及ぼしてしまいます。

このホルモン異常も、数多くある抜け毛の原因のひとつと考えられているため、無理なダイエットは控えると共に、ストレスを貯めないように心がけることが大切です。



出産後の抜け毛について


【妊娠期間中】
妊娠後期はエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が増加
ヘアサイクルの成長期が長寿命化
その結果、抜け毛が減少する

【出産後】
ホルモンバランスが急激に正常化する
成長期を維持してきた髪が一気に休止期に入る
その結果、抜け毛が増加する



妊娠中に多く分泌される女性ホルモンが、出産後は急激に正常な分泌量に戻ります。

薬用育毛剤『リリィジュ』の画像 妊娠中の女性ホルモン増加に伴って一時的に成長期が伸びていた髪の毛が、ホルモンの正常化によって一気に抜けてしまいます。

通常は半年から一年で以内に元に戻りますが、カルシウムやタンパク質などを多く補給すると共に、出産で消耗した体力を回復することが大切です。


経口避妊薬(ピル)と抜け毛の関係


女性ホルモンと頭髪は密接な関係にあります。経口避妊薬は、〈プロゲステロン〉という女性ホルモンの一種で、これを一定期間内服した後で中止すると、一時的に休止期毛が多くなり、〈びまん性脱毛〉を起こすことがあり、女性に多い抜け毛の原因の1つとなっています。


シャンプーによるヘアケア

外的ケアも有効
ストレスによるホルモン異常や、ダイエットによる栄養不足などは体内面での作用が影響します。
そのため、対策を講じても効果を実感するまで時間を要します。育毛シャンプーや薬用シャンプーでケアを同時に行うことも、早い回復にはより効果的です。


女性薄毛用ラサーナボリュームアップセット

女性の抜け毛の原因 MENU

出会い FX ホームページ製作 無料素材 レンタルサーバー HPテンプレート
Copyright (C) 女性の抜け毛の原因 All Rights Reserved.