HOME髪の毛に関する知識 > FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?


FAGAとは、Female Androgenetic Alopeciaの略であり、日本語では『女性男性型脱毛症』と呼ばれています。

当ページでは、女性におけるAGAを解説することとし、テレビのCMや雑誌などでよく見聞きする男性対象のAGA(男性型脱毛症)は別ページをご参照下さい。


まず、FAGAの特徴ですが、生え際のラインが後退するケースが多い男性のパターンとは異なり、生え際のラインは変わらずに加齢にともない頭部全体の毛髪が細くなります。

加齢と共に発症するケースが多く、40歳前後以降に毛髪密度が減少し始めることが多いのが特徴です。しかし、最近では20代、30代での発症も増加傾向にあり、その原因はストレスや食生活、生活リズムの崩れなど様々な要因が考えられています。



FAGA(女性男性型脱毛症)の分類

FAGAは、抜け毛が増え始める初期段階から、その症状が進行する段階まで以下の3つに症状が分類されます。

T型: 正面から頭頂部が全体的に薄くなった状態

U型: 脱毛症の領域が拡大した状態

V型: 脱毛症の症状が進行した状態

初期の段階では抜け毛増加や、分け目がくっきりと見えるようになってきます。男性のように特定箇所ではなく、全体的に薄くなり始めるのがT型のステージです。

U型のステージになると、毛髪の密度が全体的に薄れ、その範囲も拡大していきます。さらにV型においては、特に頭頂部を中心に肌が透けて見えるほどの薄毛に至ります。



FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGAの原因は個人により異なるとともに、多岐に渡ります。また、単一要因ではなく複合的な要素も考えられますが、加齢によるホルモンバランスの崩れを筆頭とした原因は、以下の様なものがあります。

加齢による卵巣機能の低下・女性ホルモンの減少

ストレス

極端なダイエット

経口避妊薬(ピル)の利用

パーマ・カラーリング等、過度のヘアケア

不規則な生活リズム

人間は、男女を問わず必ず老化します。女性の場合、FAGAの原因ともなる老化現象の一つとして「ホルモンバランスの崩れ」が挙げられます。

一般的に「女性ホルモン」と呼ばれる【エストロゲン】は、「女性らしさ」を司るホルモンであり、毛髪にハリを与えたり髪を美しく保つ役割を担っています。

しかし、加齢と共に女性ホルモンの分泌量が減少すると、逆に脱毛を誘発する男性ホルモンとのバランス関係が崩れてしまいます。

また、女性には妊娠を司る【プロゲステロン】というホルモンがあり、【エストロゲン】とバランスを取りながら分泌されています。

女性ホルモンと抜け毛の関係については別ページで詳しく解説していますので、そちらをご参照下さい。



女性にお奨めの育毛剤

加齢による老化現象は、生物である限り避けては通ることは出来ません。しかし、髪の毛や各種細胞の再生を促すホルモンの分泌が集中すると言われる時間帯(一般的には22時〜2時)に睡眠を確保する、あるいはバランスの良い食生活による毛髪への栄養補給など、日々の生活で出来ることもあるでしょう。

規則正しい生活と食生活を基本として、女性専用に開発された育毛剤の利用も効果があるかも知れません。以下、女性に人気の育毛剤もご参照下さい。

【女性用育毛剤】

 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう) 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう)
 シリーズで愛用者が330万人を突破
 髪の変化を実感された方は80%以上


 薬用育毛剤『リリィジュ』 薬用育毛剤『リリィジュ』
 97%の方が継続利用希望
 4つの有効成分 + 天然保湿剤 + スーパーヒアルロン酸を配合


 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス
 薄毛に対する3種類の有効成分を配合
 11種類の独自海藻エキス配合



各商品の詳細は、女性用育毛剤ランキングをご参照ください。

髪の毛に関する知識へ戻る

FAGA(女性男性型脱毛症)とは? MENU

出会い FX ホームページ製作 無料素材 レンタルサーバー HPテンプレート
Copyright (C) FAGA(女性男性型脱毛症)とは? All Rights Reserved.