HOME髪の毛に関する知識 > 女性ホルモンと抜け毛の関係

女性ホルモンの種類と役割 〜女性の抜け毛のメカニズム〜


【プロゲステロン】(黄体ホルモン)
 ステロイドホルモンの一種
 妊娠に適した基礎体温の高温
 妊娠後は妊娠を維持・継続する役割
 妊娠中期以降には胎盤からも分泌
 月経周期の決定
 妊娠していない場合、分泌は排卵後最長でも14日間
 毛髪の成長期を延命化

【エストロゲン】(卵胞ホルモン)
 ステロイドホルモンの一種
 女性の性活動、二次性徴を促進
 プロゲステロンとともに月経周期の決定
 生理が終わるころから排卵日の直前まで多く分泌
 毛髪の成長・発達に寄与

女性ホルモンには、「女性らしさ」を司る【プロゲステロン】(黄体ホルモン)と、「妊娠」を司る【エストロゲン】(卵胞ホルモン)の2大女性ホルモンがあります。

通常は、この2大女性ホルモンが交互に優位性を競い合いながらバランスを保っていまが、妊娠時・出産後などホルモンバランスが大幅に崩れると、各々がヘアサイクルに与える影響バランスも崩れてしまいます。

このページでは、2大女性ホルモンと抜け毛の関係について解説をしていきます。

産後における女性ホルモンバランスのメカニズムについては、分娩後脱毛症をご参照ください。

女性ホルモンと抜け毛の関係 〜女性の抜け毛のメカニズム〜

一般的に「女性ホルモン」と呼ばれる【エストロゲン】は、「女性らしさ」を司るホルモンです。肌をすべすべにして、毛髪にもハリを与えることから、「美人ホルモン」とも呼ばれています。

一方で【プロゲステロン】は、女性らしさを司る【エストロゲン】とは対照的に、肌荒れ、腰痛、便秘、腰痛などを引き起こすため女性の悩みの種となることが多いホルモンですが、「妊娠」を司る重要なホルモンです。

各々がヘアサイクルや抜け毛に与える影響ですが、【プロゲステロン】は成長期に入っている毛髪のライフサイクルを延ばす役割を担い、【エストロゲン】は毛髪の発達や成長に寄与します。
脱毛に大きな影響を及ぼす男性ホルモンが多い男性に対して、脱毛の抑制・毛髪の成長を促す女性ホルモンが多い女性の方が薄毛の割合が少ないのはこのためです。

正常な状態であれば、約2週間周期でお互いの分泌量が交互に増減して正常なヘアサイクルを支えますが、ホルモンバランスが崩れることにより発毛・育毛のメカニズムにも崩れてしまい、抜け毛や脱毛を発症してしまいます。

また、ホルモンバランスの崩れは抜け毛や脱毛だけではなく、疲労感や目眩といったフィジカル的な症状や、イライラなどメンタル面にも影響を及ぼすケースもあります。

ホルモンバランスの崩れの要因としては人それぞれですが、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れによる摂取栄養素の偏りなども原因のひとつとされています。

人間の身体は、睡眠時に身体維持に必要なホルモンが多く分泌されることから、規則正しい生活も抜け毛予防には大変重要です。



女性の薄毛専用のケアが有効

男性と女性では、体内の男性・女性ホルモンの割合も違いますし、抜け毛や薄毛のメカニズムも異なります。

女性には、女性専用に開発された育毛剤の利用も効果的です。


【女性用育毛剤】

 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう) 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう)
 シリーズで愛用者が330万人を突破
 髪の変化を実感された方は80%以上


 薬用育毛剤『リリィジュ』 薬用育毛剤『リリィジュ』
 97%の方が継続利用希望
 4つの有効成分 + 天然保湿剤 + スーパーヒアルロン酸を配合


 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス
 薄毛に対する3種類の有効成分を配合
 11種類の独自海藻エキス配合



各商品の詳細は、女性用育毛剤ランキングをご参照ください。

髪の毛に関する知識へ戻る

女性ホルモンと抜け毛の関係 MENU

出会い FX ホームページ製作 無料素材 レンタルサーバー HPテンプレート
Copyright (C) 女性ホルモンと抜け毛の関係 All Rights Reserved.