HOME女性の抜け毛の種類 > びまん(瀰漫)性脱毛症

びまん(瀰漫)性脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜


 女性で一番多い脱毛症の種類

 別名【女性型脱毛症】

 びまん(瀰漫)とは「一面に広がる」という意味

 局部的ではなく全体的に薄くなる

 30代後半以降の女性に多い

 特に髪の分け目の皮膚が透けてしまう

 男性とは酵素の活性や分布が異なるため差が生じる

女性で最も多い脱毛症が、びまんせい(瀰漫性)脱毛症です。びまん(瀰漫)とは、一面に広がるという意味で、全体的に均一して薄くなるのが特徴です。

一般的に男性は前頭部の生え際が交代する【男性型脱毛症】(AGA:Androgenetic Alopecia)が多いのに対して、女性は全体的に薄くなる【びまん性脱毛症】が多いのが特徴です。

この点が、局部的に脱毛したり特定部分が薄くなる【男性型脱毛症】との大きな違いとなります。このことから、別名 【女性型脱毛症】とも呼ばれています。

女性の抜け毛の種類へ戻る

びまん(瀰漫)性脱毛症の種類と原因


びまん性脱毛症 3つの種類

加齢による頭髪の変化(エイジング)
女性の男性型脱毛症
休止期脱毛

びまん性脱毛症の主な原因

老化
過度なヘアケア
ストレスやダイエットによるホルモンバランスの崩れ
経口避妊薬(ピル)の使用

それでは、びまん性脱毛症の種類を個別に解説していきます。



びまん性脱毛症の種類

びまん(瀰漫)性脱毛症は、一般的に次の3種類に分類されます。

加齢による頭髪の変化
加齢・老化によって、全体的に頭髪が薄くなり、一本一本が細く、短くなります。
そのため、髪のボリュームが消失するとともに、髪の毛が頭皮に張り付く感覚を持つようになります。

更年期前後に多く見られ、閉経後に目立つ傾向があります。


女性の男性型脱毛症
男性ホルモンは、抜け毛に大きな影響を及ぼします。この男性ホルモンの影響で、頭頂部から前頭部にかけての太長い毛髪が細短い毛(軟毛)に変わるのが特徴です。

30代前半の女性に多い脱毛症ですが、更年期を迎えると更に薄毛が目立つ傾向にあります。


休止期脱毛
びまん型脱毛症の種類の最後は、休止期脱毛です。休止期脱毛は更に以下の3タイプに分かれます。

@急性休止期脱毛
急性休止期脱毛は、出産、大量出血、外科の手術といった外的要因や、ストレス、急激な栄養障害、ピルの内服や中止などに起因するホルモン異常などの内的要因で起こる急性的な脱毛です。
太い毛髪が抜けやすく、短期間(数ヶ月)で急激に頭部全体の毛髪が薄くなるのが特徴です。
一般的に原因が分かり易く、原因を取り除くことで改善するケースが多い脱毛症の種類です。
産後の抜け毛については、分娩後脱毛症をご参照ください。

A慢性びまん性休止期脱毛
慢性びまん性休止期脱毛は、全身疾患や栄養不良状態(貧血・極度のダイエット・内分泌疾患など)、薬剤などの影響で、6ヶ月以上のゆっくりした期間で、頭部全域の毛髪密度が徐々に低下します。
これも原因が取り除かれると回復する可能性が高い脱毛症の種類です。

B慢性休止期脱毛
慢性休止期脱毛は、加齢変化とするには若すぎる女性に、いつの間にやら頭頂部から側頭部で太長い毛の密度が低下するのが特徴で、軟毛は増えません。
症状はAの慢性びまん性休止期脱毛と同じですが、原因が不明な点が異なっています。

このように、びまん性脱毛症の原因は多岐に渡りますが、原因が排除されると回復する確立が高い脱毛症でもあります。

症状がひどい方や悩みが深い方は、ぜひ専門医の診察をおすすめします。原因が特定できない症状が対策が難しいですが、育毛剤の利用で毛髪密度の増加とともに毛が太くなることも報告されています。

女性用の育毛剤については、当サイトの女性用育毛剤ランキングをご活用ください。

女性の抜け毛の種類へ戻る

びまん性(瀰漫性)脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜 MENU

出会い FX ホームページ製作 無料素材 レンタルサーバー HPテンプレート
Copyright (C) びまん性(瀰漫性)脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜 All Rights Reserved.