HOME女性の抜け毛の種類 > 分娩後脱毛症

分娩後脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜


分娩後脱毛症は、その名のとおり産後(分娩後)にみられる脱毛症です。

女性ホルモンには【エストロゲン】(卵胞ホルモン)と呼ばれるステロイドホルモンと、【プロゲステロン】(黄体ホルモン)と呼ばれるステロイドホルモンの2種類があります。

妊娠をしていない状態では、この2大女性ホルモンの分泌がバランスよく交互に増減しますが、妊娠中は特に【プロゲステロン】(黄体ホルモン)の分泌が非常に活発になります。

この【プロゲステロン】(黄体ホルモン)は妊娠を維持させる役目と共にヘアサイクルのヘアサイクルの成長期が長くするため、妊娠期間中は抜け毛が減少します。

しかし、産後は急激にホルモンバランスが正常に戻るため、本来は妊娠期間中に抜け落ちるはずの髪の毛が一気に抜け落ちてしまいます。これが分娩後脱毛症です。

分娩後脱毛症の特徴として、個人差はあるものの、産後の約2ヵ月後前後から脱毛が始まり、6ヶ月程度続くものの、一般的には1年以内に自然治癒します。

早く回復したい人は、カルシウムやタンパク質などを多く補給して、出産で消耗した体力を回復することも重要です。

ただし、ご自身の脱毛が分娩後脱毛症であると決め付けずに注視するとともに、症状が改善されない場合は医師へ相談することも大切です。

女性の抜け毛の種類へ戻る

産後と女性ホルモンについて

女性ホルモンには、「女性らしさ」を司る【エストロゲン】と「妊娠」を司る【プロゲステロン】があります。

一般的に女性ホルモンと呼ばれるのは【エストロゲン】の方で、肌をすべすべにしたり毛髪にもハリを与えることから、「美人ホルモン」とも呼ばれています。

一方、【プロゲステロン】は肌荒れ、腰痛、便秘、腰痛などを引き起こすため女性の悩みの種となることが多いホルモンですが、「妊娠」を司る重要なホルモンです。

受精後、妊娠を維持するために多く分泌される【プロゲステロン】ほどではありませんが、【エストロゲン】も妊娠維持のために継続して分泌されることがわかっています。

【プロゲステロン】は成長期に入っている毛髪のライフサイクルを延ばす役割があるのに対して、【エストロゲン】は毛髪の発達や成長に必要なホルモンとされています。

産後、この【エストロゲン】も正常の分泌量に戻るため、【プロゲステロン】の激減と相まってホルモンバランスが崩れ、分娩後脱毛症を発症します。



産後専用のケア

分娩後脱毛症が原因の脱毛は、産後2ヵ月後〜6ヶ月程度続き、一般的には1年程度で自然にするケースが多いとされています。

ホルモンバランスの崩れ以外にも、出産は母体の体力を消耗しているため、カルシウムやタンパク質などの摂取も重要です。また、産後の抜け毛専用に開発された育毛剤の併用も大変効果的です。


【産後の脱毛】に効能・効果がある女性用育毛剤

 薬用育毛剤『リリィジュ』 薬用育毛剤『リリィジュ』
 97%の方が継続利用希望
 4つの有効成分 + 天然保湿剤 + スーパーヒアルロン酸を配合


 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう) 【薬用育毛剤】柑気楼(かんきろう)
 シリーズで愛用者が330万人を突破
 髪の変化を実感された方は80%以上


 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス 薬用育毛剤 ラサーナ 地肌 エッセンス
 薄毛に対する3種類の有効成分を配合
 11種類の独自海藻エキス配合



各商品の詳細は、女性用育毛剤ランキングをご参照ください。

女性の抜け毛の種類へ戻る

分娩後脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜 MENU

出会い FX ホームページ製作 無料素材 レンタルサーバー HPテンプレート
Copyright (C) 分娩後脱毛症 〜女性の抜け毛の種類〜 All Rights Reserved.